スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不機嫌男の夏休み3

2009年09月01日 02:16

夏休み最終日の今日はスタジオで過ごした。
台風が接近していたから見合わせようと思っていたのだが、思い直し出かけることにしたのだ。
というのも、昨夜「チッパーズ」という友達のライヴをかつてのバンド仲間と下北沢まで見に行って、そこでとてもいい刺激をもらったからだ。
体の奥で”なにか”が疼いているのがわかった。台風をやりすごすために、部屋の中でじっとしているなんてとてもできない。
幸いにも、おそらく台風のピークは過ぎているであろう、夕方から夜にかけての二時間をおさえられた。
雨はざんざん降っていたが、風はたいしたことはなかった。おかげであまり濡れないですんだ。
スタジオに着いてみると、オレとスタッフのお兄さん以外は誰もいなかった。この台風のせいでキャンセルが相次いだのだろう。
いつになく人気の無いスタジオには、奇妙な開放感があった。オレは思う存分ギターをかき鳴らし、シャウトしまくってきたのだった。

昨夜はとてもいい夜だった。数年ぶりにうまい酒が飲めた。
先ほどの「チッパーズ」ももちろんだが、他のミュージシャンたちもそれぞれ独自の世界観があって実によかった。
トリをつとめた女の子たちのひとりが、20歳の誕生日を迎えると言っていた。皆、口々に「親子ほど齢がちがうよー」などと言っていた。むろんオレも、そう思った。
しかし、ちょうど倍位の年齢差のある彼女が、訥々と、きわめてシンプルな言葉で歌う歌詩の内容がオレの日常にあまりにもピッタリくるので、いささか愕然とした。
「可愛いねえ」などと大人ぶることすらできなかった。

思えば一大決心をして上京したのが10年と少し前、その当時オレは28歳だった。
上京した頃のオレは、ロックにのめりこみ始めた19、20歳のガキの頃のままだったような気がする。
でなければ20代も終わろうかというタイミングで、体ひとつで上京するなどと暴挙に等しいことを実行するわけがない。
東京で生きていくうちに、あっちへ転がり、こっちでつまずきしながらも、世の中の不純物だって栄養にしてやるつもりで飲み込んで、大人になってやろうと思っていた。
それでもうまくいかない現実のことがいっぱいありすぎて、首をひねったり途方に暮れたりする。
そうやって散々考えあぐねた挙句、ふと気付くと結局は音楽のことばかり考えている自分を発見する。いまだに、そうだ。
要するに、上京したその時からオレはちっとも変わっていないのだろう。
ということは、つまり、今日20歳をむかえたばかりの娘さんの唄が妙に切実に聞こえたとしても、それはまったく不思議なことではないのだ・・・。

オレの精神年齢が低いのは若干、問題ありだが、まあいいだろう。
そんなことより、台風をものともせず歌わずにはいられない、そんな瑞々しい刺激をオレにくれた「チッパーズ」をはじめとしたミュージシャンたちに感謝しよう。
そして、素敵な夜に立ち合わせてくれた音楽の神様に乾杯しよう。
いい夏休みでした!

スポンサーサイト


コメント

  1. チッパーズこーいち | URL | -

    ライブに

    遊び来てくれて心よりセンキューです☆あの夜は確かに濃いミュージシャンばかりで俺らチッパーズも楽しく過ごせました。ライブ必ず行きますからね(^o^)マジ楽しみにしてます!

  2. NUEST YUJI | URL | -

    お疲れさん!!

    とってもいいライヴありがとう。MCも腹抱えて笑えたし、歌もよかったし、すごい楽しかった!!
    とても素晴らしい夜を経験できて気持ちが前向きになりましたね。「これからは美しいものだけを見て生きていこう」と思ったね!
    ぼくもライヴがんばります!

    > 遊び来てくれて心よりセンキューです☆あの夜は確かに濃いミュージシャンばかりで俺らチッパーズも楽しく過ごせました。ライブ必ず行きますからね(^o^)マジ楽しみにしてます!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuestblog.blog20.fc2.com/tb.php/54-93922ed0
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。