スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月のライブ~印象的だったこと~

2014年02月25日 13:40

おはよう、YUJIでーす。
今月のライヴは2本とも、それぞれに印象深かった。

昨日の千駄ヶ谷「東京倶楽部」は初めての場所ということもあり、特に集中した。
今月は仕事以外の日は常にスタジオ入り、週2、3回、毎3~4時間はリハーサルに費やし準備していた。
その甲斐あってか経験値外の環境(!?)の中でも、最後まで演りきることができた。
主観では、全十八曲あっという間に終わった感じだったが、ちょうど良いサイズだったんじゃないかとも思う。
長すぎず短すぎずうまくパッケージされてた、というか。

いつものようにオケをバックにエレキ、歌というスタイルが主体だが、2ステージ目ではアコースティックとエレキの弾き語りも交えてみた。
最近、弾き語りの時の、楽器と自分の声の混ざり具合がとても気持ち良く感じる。
だから、今年は意識的にセットメニューに取り入れて、弾き語りにも力を入れている。

「8月の真ん中」という曲をアコギの弾き語り用にリアレンジできないかと、2~3年前から試行錯誤してきたのだが、ようやく”あ、これだ!”という必然性のある形にまとまったので「東京倶楽部」にぶつけてみた。
終わってからみんなに感想を聞いてみたら概ね好評だったので、これからレギュラーの時にも演る機会が増えるだろう。
簡単な曲ではないが、その分面白い。

10日のビックマウスでは、お客さんの嬉しい反応があった。
終わった後、女性のお客さんがトコトコと寄ってきて、”ロックはあまり知らないんだけど、とても新鮮でした”という感想を聞かせてくれた。
若い、特に女性の感想をずっと知りたかったので、これは嬉しかった。
演奏中は、確かに聴き入ってくれてる感じはするものの、ワーッというリアクションはなかったので、”アレ?引いてンのかな?”とか思ってました(笑)。

このお客さんが素晴らしいのは、アーティストのメッセージをきちんと聴き取ろうとしているところだ。
自分のよく知らない音楽、ジャンル、演奏スタイルにも関わらず、まっすぐに作品に向かっている姿勢が素晴らしいのだ。
実際にこういうお客さんがいるのだ。本当の意味で「音楽」が好きな人が。
僕らが音楽を続けているのは、こういう出会いがあるからなのかもしれない。
「音楽」を通してコミュニケーションしたいから、「音楽」でなければ伝えられない思いがあるから僕らは演り続けてて、時にこういうご褒美がある。
すると、とても励みになる。やっててよかったなあ、という気持ちになる。
もっと上手になりたい、もっと良い曲書きたい、と前向きなエネルギーが湧いてくる。
いや~、なんかちょっと感動しちゃったなあ~、へへ。

と、今月のライヴも得るものは多いにあった。いい感じだ。
このままの感じでいたいから、週3ペースのリハは継続しよう(笑)。
っつーか単純に演奏すんのが楽しいってことなんだけどなッ!

最後に。駆けつけてくれたみんな、どうもありがとう。みんなのライヴにも駆けつけるよ。
まずは今週末のチッパーズ。楽しみにしてるぜ!
キムくらの音源、出来上がったらぜひ聴かせてください。

それでは、また!サンキュー!!

2014 Live Schedule

1/13(月)at下北沢ビッグマウス
2/10(月)at下北沢ビッグマウス
2/24(月)at東京倶楽部☆2ステージ!!
3/17(火)at下北沢ビッグマウス
4/21(月)at下北沢ビッグマウス
5/27(火)at下北沢ビッグマウス☆6thワンマンライヴ
6/23(月)at下北沢ビッグマウス
7/14(月)at下北沢ビッグマウス
8/11(月)at下北沢ビッグマウス
9/8(月)at下北沢ビッグマウス
10/6(月)at下北沢ビッグマウス
11/4(火)at下北沢ビッグマウス☆7thワンマンライヴ
12/8(月)at下北沢ビッグマウス

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nuestblog.blog20.fc2.com/tb.php/219-272b620c
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。