スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家訓は身を救う~乙篇~

2010年05月18日 02:23

諸君らは覚えているだろうか?
去年のちょうど今頃、商店街の一角で繰り広げられたあの戦いのことを。
駅にほど近いクリーニング店での熾烈な攻防を。
ご存知ない方や、記憶が薄れてしまった方は09.6.7「家訓は身を救う」の項を参照されたし。

あれから一年。
強敵「オバチャン」との戦いを、我が家に伝わる「家訓」を胸に、渾身の爽やかスマイルで制した俺。
やがて季節はめぐり、再度、かの戦場に舞戻ることになった。
が、そこには俺の予測を上回る事態が待っていた。
さらにパワーアップした二代目・・・「オバチャン乙」が待ち構えていたのだ!

話しは一週間ほど前にさかのぼる。
例年になく寒かった今年の春も、ようやく本来の暖かさを取戻したようだった。
なかなかしまえずにいた冬物のコートも、もう着ることはないだろう。
俺は意を決してあのクリーニング屋へ出かけた。
「家訓」だけを武器に。俺は再び孤独な戦士となるのだった。

かつて制した地なら、俺の方に分があるはずだ。勝手は分かっている。
が、油断はすまい。
自動ドアを抜け、俺はできるだけ愛想よくあいさつした。緒戦における常套手段だ。

「こんにちはー」

・・・・・。返事はない。しかし、想定内だ。問題はない。

俺は用心深く店内を探索した。店の奥に気配はない。

”妙だ・・・”

俺はさらに感覚を研ぎ澄ませる。・・・かすかに違和感を覚え、視線を下に走らせた・・・。
と、その時!

俺の頭の中でけたたましくアラートが鳴り響く。

”下かッ!?”

ニュータイプの勘が敵の存在を捉えた。距離にして、なんと一メートルにも満たない。そこにカノジョはいた。
俺の視界を巧みにすり抜けて、死角へと潜りこんでいたのだ。
店内へ入って、一分から二分。その間、全く気がつけずにいた。
不覚だった。あと少し、発見が遅れていたら完全にヤラれていた。

「あ~い、ちょっと待って」

こちらに背をむけたまま、めんどくさそうにオバチャンが言った。
しゃがみ込んで何やら伝票のような紙の束を手繰っている。
それからゆっくりと・・・ゆっくりと振り返った。

”!?今までと違うッ?”

そう。正面を向くまで気がつかなかったが、去年、対戦したオバチャンとは違っていた。
どうやら代代わりしたらしかった。
俺は先代と識別しやすいように「オバチャン乙」と呼称することにした。
そして、すぐに思い知らされることになる。そのポテンシャルは先代をはるかに上回っていることに・・・。

「オバチャン乙」は笑わない。もちろん。決して。
旧式よりも、さらに厚く、より白いアーマーが、いかにも強固に顔面をガードしている。
そして、なお悪いことに発せられる言葉に含まれる毒気は、よりグレードアップしている気がする。
機先を制するつもりが、逆にカウンターを喰らう形となってしまった。
ここはいったん退いて態勢を立て直すしかないようだ。
俺はすごすごと店をあとにした。

”勝てるのか・・・?”

俺は意気消沈したまま、次の戦いまでの不安な日々を過ごしたのだった。

結末はなんともあっけなかった。
嫌なことはなるべく思い出さないように心がけている最近の俺は、あやうく引き取り日まで忘れてしまうところだった。
休日の今日はスタジオ練習やらなんやかやで忙しい。だが、今日を逃すとまた厄介なことになりそうなので、引き取りに行くことにした。
歌を唄ってテンションがあがっているので、その勢いを借りて・・・という心算もあった。
今回の「オバチャン乙」に対抗するには「家訓」だけでは、どうにも、こころもとない・・・。

スタジオ帰りの俺は肩に楽器を担ぎ、右手にはスーパーの袋をぶら下げていた。結構、大変なことになっていた。
それでも爽やかスマイルは忘れなかった。
その姿に「オバチャン乙」も毒気を抜かれたのか、あるいは痛々しく映ったのか。
笑顔を浮かべながら(!)「大丈夫?持てる?」と俺のコートを手渡してくれた。

”良い笑顔だよ、オバチャン乙・・・。本当は良い人だったんだね?ちょっと、パッと見、コワかったから・・・いろんなこと言って、ゴメンね、ゴメンね。。。”

期せずして、勝利が転がり込んできた。
しかし、今回の勝利は実力ではない。勝って兜の緒を締めよ、というやつだ。
たまたま「オバチャン乙」の機嫌が良かっただけなのかもしれない。
いや、本当は、愛想が悪いだけで実はきっと良い人だったのだろう。うん、そうに違いない。
だから今度、対戦する時はもうちょっと・・・お手柔らかに、ね?
これからのライヴの予定
5/25(火)6/22(火)
下北沢ビッグマウス
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nuestblog.blog20.fc2.com/tb.php/117-0d0f1caa
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。