スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の途中

2010年02月19日 16:03

二日前の火曜日、今月のビッグマウスでのライヴ。みぞれまじりの下北沢の夜。
窓の外は、凍りついた真冬の空気が居座っていた。
暖冬の日々に突然、舞い降りた厳しい寒さだったが、しかしそれが心の中まで支配することはなかった。
駆けつけてくれたお客さんたちと、情熱にあふれた出演者たちのおかげだ。
ぼくはまた色んなものをもらった。あたたかさと、次へとつながるヒントを。
心からお礼を言いたい。ありがとうございました!


さて。ライヴを終えてからの二日間。
なんというか、会社のずさんな労務管理上のつまらない事情のせいで、本当はとりたくもない休みをとらねばならなかった。
それでライヴ後の二日間は、完全なオフ。
ずっとライヴのことで頭がいっぱいだったから、特にこれといった予定も立てていなかった。
けれど”どこかへ出かけよう!”という気分だけは、はっきりとあった。
部屋の中でのんびり過ごす気分では、ない。
ぼくの中でわかっていたのは、今、ぼくが欲しているのは、”ちょっとした日常からの離脱”だった。
雑踏の中の孤独。
見慣れない街を歩き、とりとめのない哲学的思索をめぐらすのだ。
そんな潤沢な時間を求めていた。

降りたったのは地下鉄「表参道」駅。原宿あたり。
ぼくはこの街が好きだった。やはり人は多いけれど、それでもどことなく清潔で、新宿とか渋谷にくらべてうらぶれてない感じがするからだ。
”最新”の空気を身に纏い、呼吸している。どこか街全体が常に新陳代謝をしている気がするから好きなのだ。(ぼく自身はファッションとか流行とかに強い関心があるわけではないけれど)

ここから明治通りにそって、渋谷まで歩くのだ。人ごみに紛れて。
そんなにむつかしくはない道のりだから、ただただ歩くのに集中していればいい。
歩いていると、そのうちにリズムが生まれ、考えに方向性のようなものができてくる。それを待てばいい。

渋谷までを数時間かけて歩き続ける間、自分のこころを見つめ、整理しようとした。
それに飽きると、道行く人や、綺麗な建造物を眺めたりして、頭の中に新しい空気を送り込む。
そしてふたたび、こころに向き直る。
もしかしたら曲ができるかな。運がよければ。

ふと気がつけば、ぼくはいつしか神々しいまでの厳かな空気の中にいた。
「明治神宮」の敷地内へとやってきたのだ。
都会の喧騒から遮断された、まったく異質な、透明な空気に満たされた場所。
「日常からの離脱」にぴったりの場所だ。
きちんと手入れされた太古からの森は、何千年と途切れることなく、新鮮で濁りのない酸素を吐き出し続けている。
その悠久の時を想像してみようとするが、ちっぽけなぼくの、貧相な想像力ではムリだ。
少しひんやりとした、その空気を胸いっぱいに吸い込む。
うまい。
あきらめずに、もういちど想像してみる。
ぼんやりしている。また、深呼吸をする。
そんなことを繰り返しながら、ぼくは神宮の砂利道をザク、ザク、音を立てながら歩いた。

明治神宮の森を抜けると、国立代々木競技場をぐるっと廻って渋谷へ行くことにした。
NHK前の広場へたどりつく。短い旅路の終着点だった。
ここにも、あいかわらずたくさんの人。
しかし、つかのまの旅を終えたぼくには、そんな雑踏さえもどこか懐かしく感じられた。

”そうだ、エレキギターを弾こう!”

旅の終着で得られた、答えだった。
これまで、たまたまいっしょになった出演者が、エレキを弾いているのを何度か見かけるうちに、触発され、しだいに音もなくくすぶり続けていた・・・。
得体の知れない、漠然とした思いの正体に・・・それは「嫉妬」にも似た感覚だったが、歩きながら考えているうちに、ようやく具体的に気気付いたのだった。

そう、ぼくはエレキの「あの音」をまた恋しく思い始めていたのだ!
もともと、ぼくは”エレキギター弾き”であった。
だから・・・なのだ。
もちろんアコースティックも大好きだけど、曲によってはエレキのほうがしっくりいくものもあるような気がしていた。
なによりも・・・オープンGにチューニングされたエレキを、かき鳴らしたい!!
体の芯からの欲望。心の奥からの叫び。
いつだって新しい試みに挑もう。
そうやって、自分の世界を、より強固に、より具体的に、築き上げていくのだ。
本当の旅の終わりは、まだまだずっと先にあるだろうから。

翌日・・・つまり休日の終わりの昨日の木曜日。
さっそくエレキギターを抱えてスタジオ入りしたことは言うまでもない。
これからのライヴの予定
3/22(月)
代官山ノマド*友達のチッパーズとのイベント・ライヴ!!  
3/30(火)
下北沢ビッグマウス
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nuestblog.blog20.fc2.com/tb.php/105-fc1bb928
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。