スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.13ライヴのご報告~甘酸っぱくて、人見知り~

2012年03月15日 13:22

こんにちは、NUEST YUJIです。
いやあ、相変わらず部屋にひきこもってレコーディングやってますよ~。
日差しは徐々に春っぽくなってきているというのに、ひきこもりですよ、へへ。
でも、まあ、好きなことやって、自分の作品を世に出せるってんだから、贅沢は言ってられまへんな~、ふふ。

さて一昨日、三月十三日は、レコーディングの合間を縫って(気持ち的には本当にそんな感じ)、下北の毎度おなじみビッグマウスでライヴ。
前日のお知らせを書く時間がなかったので、せめてもの結果報告です!
ここ最近は、ひきこもり状態の憂さを晴らすべく、ライヴがまたよりいっそう楽しみになっているのです。
やっぱ、イイですね、ライヴは。ロックンローラーに戻れるから!
だから・・・・大暴れ!!(って、それほどでもないか)してまいりました!
うりゃ、ウリャ~ッ、て感じでギターソロなんか弾いてみちゃったりして。
ああ、スカッとしたゼ~。

トップで演奏した濱田亮クンのMCがきっかけで、この日はふたつのキーワードが生まれました。
ひとつは「甘酸っぱい」
で、「甘酸っぱい」思い出を語り、ラヴソングをみんな一曲歌う、みたいな流れになんとなくなりました(笑)。
僕が披露した「甘酸っぱい」エピソードはというと、高校生の時、人生で初めての彼女と「文通」してました、というお話し・・・。
すかさず客席から「ケータイを使いなさいッ!」とツッコミが。
ハイ、来ました!来ると思ってましたよッ。
いや、だって、二十・・・ウン年前だぜ、ケータイなんかこの世に存在してないっつーの!
意を決して直接、面と向かって話すか、相手の親が出ないかドキドキしながら電話するか・・・そこらへんは今の時代でも変わらないか・・・。
それも叶わず、それでもなんとか気持ちを伝えたい!となったら、あとはもう、メールという便利な代物がない当時は、ラヴレター書くぐらいしか手段はなかった。
それで「文通」が始まり(それだけでも”ヤッター!!”て感じだったなあ、当時は)、で、半年「文通」を続けた結果、よ~うやくつきあえるようになった、と、そんな思い出話を語りました。
(ちょっと脱線するけど、手紙にしろメールにしろ、それが苦手、めんどくさいという女の子だったら、このアプローチは成功しなかったことだろう・・・ラッキーだったんだネ、きっと!!)
いやあ、俺にもそんな思春期の甘酸っぱい時期があったんだなあ・・・。と、自分で語りながらシミジミとなってしまいました。はあ~。
まあ、今でもあんまり変わってないかもネ!?えへ。

もうひとつのキーワードは「人見知り」
若くて初々しい濱田クンが語るところ「人見知りだと、何かと他人に誤解されて困る」みたいなことを言ってて、僕も激しく同意!
そうそう、「人見知り」は、無愛想だとか、スカしてるように思われたりとか、とにかくコミュニケーション下手で損することが多いよね~、とステージ上で本音、というかグチを語る(笑)
齢をとったら少しはマシになるかなあと思ってたけど、あんま変わんないみたいだぜ、とは言ったものの、僕の場合、二年越し、三年越しで話せるようになり、仲良くなった、みたいなことは普通によくあることなので「人見知り」でも、そう悲観するものではない!(ただ第一印象はきっと、あんまり、よくないんだろうなあ~というのが「人見知り」するタイプの悩みの種なのである。)
終わってから濱田クンが挨拶に来て「あんまり話せなくてスイマセン、人見知りなもので(笑)」と言ったので、僕は「うん、お互い様ですよ(笑)」と答えた・・・。

見よ、これが「人見知り」同士の会話なのだ(笑)!!
ま、しかし「また一緒になる機会もあるだろうから、これからユックリ仲良くなりましょう」と言って、握手を交わして帰りました。

そして、この「人見知り」というキーワードに食いついたもう一人の男がいた。
それは、よく一緒になる、ギターがチョー上手い、温かい人柄の、西海しげるサン。
最近よく話かけてくれて、仲良くさせてもらってます。さっきの時間をかけて打ち解ける、という実例です。
しげるサンは、いつもリラックスされていて、周りの人たちと上手にコミュニケーションをとっているように見えたので「えー、そうは見えんですよ~(笑)」と言ったら、四、五年位前に変わられたんだそうです。
そのためクラス会では”こんな人だったっけ!?”と驚かれた、とおっしゃってました。
なるほど~、俺も、もう少ししたら変われんのかなあ~。
・・・なんかミュージシャンの大半は「人見知り」なんじゃないか、と思えてきた・・・(笑)

と、そんな感じで出演者や、お客さんたちと楽しい夜を過ごせました。
やっぱり人と触れ合うというのは良いですね。気持ちがほっこりします。
そうやって、心を軽くして、良い作品を作ろうと、再び、ひきこもりへと戻るのであった(笑)。
ふにゃ~。
最後に。来てくれたお客さん、スタッフの方々、そして、出演者の皆さん。
どうもありがとう!
また一ヵ月後に、な(笑)!!

[3.13ライヴのご報告~甘酸っぱくて、人見知り~]の続きを読む
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。