スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春、う・ら・ら。ミュージカルにハマッたNUEST

2011年04月26日 00:34

どーも、NUEST YUJIです。こんばんは。
すっかり温かくなって、季節はもうしっかり春うらら!

築ウン十年、我がボロアパートの角部屋六畳間。そこが俺の棲み家。
冬の間は容赦なく底冷えがし、建付けが悪いせいかすきま風が吹き抜ける。
そんな極寒の俺の部屋では、エアコンなんぞ無用の長物。何の役に立とうか?
冬が終わるまで、ただただ布団にくるまって寒さを耐えしのぎながら、ひたすら春を待つ身であった。
いきおいブログの更新も滞りがちになるのは必然である。

でも・・・やっと・・・。ようやく春がやって来たんだね!
もうホットカーペットを敷いた布団を中心とした生活をしなくてもいいんだよ?
地中深く、穴ぐらから這い出した俺は、心地よい春の日差しと自由な気分を今、存分に味わっている。
そういうわけで、滞りがちだったブログを再開するとしよう。
とりとめもなく、徒然に。

つい最近、ミュージカルに興味が出てきた。といっても舞台ではなく、映画の方だが。
先週、観たのは「マンマ・ミーア!」と「ナイン」の二本。
「マンマ~」の方は、う~ん・・・。個人的な感想なので、好きな人はゴメンナサイヨ。
”アバ”の楽曲で構成されているということで、期待して借りてみた。
というのも父親が”アバ”を好きで、おかげで、俺も”アバ”ファンになってしまっていたからだ。
幼少の頃はヘヴィー・ローテイションで聴かされたものだった。(「チキチータ」「ダンシング・クイーン」のEP盤は上京する時に実家からカッパらってきたぜ。親不孝だ)
しかし、どうにも肝心の”歌”が上手くないような気がした。”振り付け”っつーかダンスも、イマイチ・・・。
そのせいか、なんだか分からないが、ミュージカル部分が唐突に始まった感じがして、なんとなくシーンにうまくなじんでないような気がした。
”早く話しを進めてよ”みたいな・・・。要するに、カタルシスを得られなかった。
面白かったという人。重ね重ね、ゴメンナサイヨ!

一方、「ナイン」は良かった!なんつっても、マリオン・コティヤールが出ているし。
マリオンの出演作は(ミーハー的に)全部、観たくて、片っ端からツタヤで借りていたのだが、「ナイン」に関してはちょっと敬遠していた。
”ミュージカルかぁ・・・”と、いささかジャンル的な偏見があった上に、時代設定も古い。
音楽も大時代的なのかなと、ますます手が出しづらかった。
だが、実際に観てみたら、思いのほかイカしてた。
エンターテインメントしてる。
話しの筋も、ある男の「転落~再生」という、好きなパターンだ。
映画としての評価は良く知らないが、俺は楽しめた。
マリオン、超綺麗(やっぱ、そこかい!)

さて、ミュージカルというジャンル、昔はどうにも抵抗があり、さっき書いたように若干の偏見すら持っていた。
お花畑でメルヘンチックだとか、大げさに歌い上げるとか・・・。どうも、そんな曖昧で良からぬイメージを持ってしまっていたのである。
それがなぜ興味を持ち始めたかというと・・・「glee」を観てしまったから!!
コレにハマッてしまったおかげで、”ミュージカルも悪くないな”と思えるようになった。
結構、話題になっているので知っている人も多いと思います。
基本、学園モノで「落ちこぼれの復権」みたいな王道の青春ドラマだと思うが、イイのだ。
”歌”もバッチリ、ダンスもカッコいい!!
毎回、古今東西、新旧のヒット曲を取り上げているのだが、ドラマと絡むとまた違った味わいが生まれる。
死ぬほど嫌いだったジャーニーも、「glee」の面々がやるとエラく感動的で胸がキュウ~ンッとなるのである。
単純に、純粋に「音楽って楽しいな」「歌って気持ちいいな」という裏表なくハッピーな気分になれる。
こうして、俺は「ミュージカル映画」の魅力に目覚めたのである。

「glee」、続きが楽しみだ。観たことない人は、一度、ぜひ観てみてください。おススメです!

それにしても、なんだか、やっぱり趣味がインドアだなあ・・・。
せっかくの春なんだから、少しは表へ出ろ!って感じですね。
では、また!
[春、う・ら・ら。ミュージカルにハマッたNUEST]の続きを読む
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。